2回目の帝王切開!経験者だからわかる後悔しないための術後アフターケアとは? ー傷跡を残さないために準備しておくことー

こばなし

第一子のカツオは経膣分娩。
第二子のワカメはトラブルがあり帝王切開での出産でした。
そして、次生まれてくる第三子も引き続き帝王切開での出産になります。

2回目となる今回の帝王切開での出産。
前回は、妊娠中のトラブルで緊急帝王切開になり、お医者様からの通達から決断までのわずか2日でいきなり出産、という運びになったので、何も調べる間も準備をする間もなく、予備知識ゼロで迎えた帝王切開での出産でした。
おなかを切る「手術」という経験すらゼロだった為、初めての事だらけ、知らない事だらけだったわけですが、今回は2回目という事で前回の失敗や教訓を活かし、後悔しない帝王切開をしてやる!と意気込んでおります。

これから初めて帝王切開される方には前回の私のように後悔してほしくないため、予備知識として私が知りうる「帝王切開なら準備しておいた方がいい事」をいくつか記しておこうと思います。

AD

帝王切開で一番きになるのは手術の傷跡

無事出産したのもつかの間、お母さんはお腹の傷の痛みと戦いながらも赤ちゃんのために初乳を出したりと、お世話で必死になります。
お腹の傷は気になるものの、正直見るのも怖い怖い。
手術後の初めてのシャワーで確認して、思わずゾっとした人もいるのではないでしょうか。

傷跡はもちろん入院中に先生が確認して、きちんと塞がっているか、出血はないかなど確認してもらい、問題なければ約一週間程で退院となり、その後は、自宅ケアとなります。
病院にもよりますが、私がかかった病院は糸が自然に消えるタイプだったので、抜糸はありませんでした。
帝王切開での手術方法にもよりますが、通常の帝王切開で横に切るなら傷跡は5cm-10cmくらい
私のような緊急帝王切開で縦に切るタイプだと15cmくらいの傷になります。

縦に切る方法だと、皮膚が左右に引っ張られるため、傷跡が残りやすいようで、個人の体質にもよりますが、きちんとケアしないとケロイドのようになったりミミズ腫れのようになる肥厚性瘢痕という状態になってしまいます。
こうなると、なかなか元に戻らず、出産から4年経った今も、綺麗とは言い難い凸凹が残った状態になっています。
見るに耐え難く、気になって術後から1年半くらいたった頃に形成外科を受診して、ステロイドテープを貼る治療を受けたりしましたが、マシにはなったものの、綺麗になるという事はありませんでした

現在の私の帝王切開の傷跡です。お見苦しいので小さめで。

盛り上がりや赤みは当初よりは落ちついたものの、茶色で歪な後になってグロいです。。
今回の手術では同じ場所を切って、「なるべく綺麗に縫いますね」と先生が言ってくださいましたので期待しているのですが、どうなることやら。。

手術後3ヶ月が勝負! 傷跡を少しでも残さないようにするために

予備知識ゼロで迎えた手術だったので、傷跡が残った後に知ったのですが、傷というのはだいたい1ヶ月から3ヶ月の間に完全に治癒するらしいです。
なので、傷跡を残さないようにするには、最初の3ヶ月のケアが肝心だそうです。(知らなかったよ・・)

掻かない・刺激を与えない

傷跡ってかゆくなるんですよね。。帝王切開に限らず、傷跡あるあるだと思います。でも掻いたら跡が残ります。なので我慢。絶対我慢。なるべく刺激を与えないようにしましょう。
直接手で掻いたりするだけでなく、ズボンで擦れたりするのも刺激になるので、注意が必要です。

3ヶ月間はテープで皮膚を固定して、皮膚が動かないようにする

入院中は先生が傷跡を確認して、傷跡を固定するようなテープを傷口に貼ってくれていました。家に帰ったら、自分でテープを購入して張り替えてくださいとの事でしたが、どんなテープを買えばいいのかの説明も少なく、詳しい貼り方や期間も教えてはくれませんでした。
その時は、「わかりました」と返事をしてしまい、(早く帰りたくて、いつもやりがち・・・) 薬局に向かったものの、「手術後のテープ」みたいなわかりやすい商品はなく、適当なサージカルテープのようなものを購入して帰りました。

あとで調べたところ、傷跡は皮膚の摩擦や引っ張られるなどの刺激を受けると、傷口が広がり、治りにくくなったり傷跡が残りやすくなったりするらしい事を知りました。とくに、手術後の3ヶ月間は傷口が広がりやすい状態になっているため、皮膚が動かないようにしっかり固定することが大事なんだそう。
で、その固定に使うのには、肌への刺激が少ないマイクロポア テープというものが良いとのこと。


薬局には売ってなかったのでインターネットで購入しました。

これを短く切って、傷跡に貼って切り口を固定。3ヶ月つづけるべし。絶対途中でやめたらダメ!!
テープが刺激になると逆効果になってしまうかもなので、かぶれたりしないか注意は必要です。

ニチバンのアトファインが帝王切開の傷跡に有効らしい

ニチバンからでている商品で、手術後の傷跡ケアテープ アトファインというものがある事と後から発見。
こちらが、とても評判がよく、綺麗に治った!という人がとても多いようなので、今回はこちらも準備。

created by Rinker
ニチバン
¥1,399(2021/06/19 23:16:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ニチバン
¥1,473(2021/06/20 13:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

テープに薬がついているというわけではないので、あくまでも固定用テープには変わりはないのですが、一週間付けっ放しでいいから交換の手間もなく、通気性がいいから痒くなる事も少ないそう。(もちろん体質によると思いますが。。。)
交換回数が少ないものの、値段がまぁまぁする商品なので、マイクロポア テープと並行して使って見るつもりです。

ケロイドや肥厚性瘢痕(ミミズ腫れのような状態)になったら

術後3ヶ月経っても、傷跡の状態がよくなかったら早めに形成外科を受診する事をお勧めします。
レーザー治療や、外用薬を使った方法、もう一度切開して再縫合する方法など、いろいろ方法があるので、お医者さんと相談して自分にあった方法で治療できればいいですね。赤ちゃんがいるとどうしても自分の事は後回しにしちゃいがちですが、時期を逃すと後々面倒な事になったり費用が余計にかかったりという事もあるかもしれませんので。。。

帝王切開でも骨盤ベルトは必要!

これも勝手なイメージだったのですが、出産で骨盤が開いておかしくなるのは、経膣分娩だからかな?と思っていました。赤ちゃんの頭が通るぐらい骨盤が開く訳だから、そりゃ、閉じなきゃだめだよね。と。
だから帝王切開なら、赤ちゃんも通らないから骨盤も開かない。だから骨盤ベルトも必要ないのかなと安直に考えておりました。
しかし!
調べたところ、そんな単純な事ではなく、妊娠中にもホルモンの作用により出産前から骨盤が少しずつ開いていくのだとか。経膣分娩に比べたら、産道が開かないので骨盤の緩みが少ないとはいえ、開いた骨盤を矯正して元の状態に戻すことが必要なんですと。

知らなかったぜ・・・
ワカメの時は全くベルトしなかったぜ・・・・

ただ、骨盤ベルトでお腹の傷口を圧迫する恐れがあるため、ある程度体調が回復してから使用する方が良いらしいです。
というわけで、今回はぬかりなく帝王切開でも使えるという骨盤ベルトを購入。

created by Rinker
ピジョン
¥3,520(2021/06/19 23:16:38時点 Amazon調べ-詳細)

帝王切開でも使えるとゆうようなベルトはこれくらいしか見当たらなかったです。
おなかをふんわりやさしく守り、傷への刺激が少ないんだそうな。

とこちゃんベルトも装着が面倒で続かなかったので、これも続けれるか自信はないけど。。。頑張って続けてみます。

まとめ

と、大した情報ではなかったかもですが、帝王切開なら絶対傷跡のアフターケアのことを考えておくべき!というお話でした。とにかく最初が肝心なので、赤ちゃんが生まれた後だと、忙しくって自分の事は後回しにしてしまいがちになるので、生まれる前に準備して心算をしておくといいですよ。
あの時、ああしていれば。。。と後悔しないように。。
私の傷も前回と今回でどう変わるか、またご報告できればと思っています。